ラベラバ
  • HOME
  • お問い合せ
管理人ご挨拶

このサイトは、シール、ラベル、名刺のことを紹介と言うか、説明をしているサイトになります。

ただ管理人がこのようなことに興味をもってしまったから作ったんですが・・・。

しかし、ここで問題が、いくら調べて書いているからといっても所詮素人の分際です。 専門的な知識をきちんともっているわけがありません。ですので、しっかりとした記事になっていないかもしれません。

一応、勉強はしているのですが、まだまだ勉強中ですのでやはり、説明不足な部分も出てくる可能性を否定する事はできません。 ですので、このサイトを見て、シール、ラベル、名刺の事を100%理解しようとするのではなく、70%ぐらい分かればいいかなと言う考えで見てください。

あと、間違った記述がされている場合があったら、ベシベシ指摘してくださいね。 まと、誤字脱字があったらそれもベシベシ指摘しちゃってくださいね。

遂に名刺交換!順番やルールはちゃんと覚えてる?

名刺の交換をする

それでは、実際に名刺を交換するときのマナーを解説していきたいと思います。

名刺交換のマナーは時と場合によっては、臨機応変に対応をしていかないといけない部分もありますが、ここでは基本的なことを解説をしていきたいと思います。 また名刺とは自らをアピールするものとしてとても大事なものです。ですから自分で簡単に制作!ってワケにはいきません。

名刺の交換始まりです

名刺の交換を解説していきます。
しっかりと理解をしておくようにしましょうね。

立って挨拶が基本

名刺を渡すときには、必ず立ち上がります。座ったまま交換をしようとするのは大変失礼な事です。 そして、名刺をすぐに出せるように準備をしておきます。
このときに、かばんをガサガサと探すような事はしないように気をつけましょう。(名刺交換で失敗をしないために何が必要かをココでたっぷり説明します!)

名刺の交換をする

名刺の交換をする時には、目下の人または、訪問をした人から相手に近づいていきます。
そして、名刺は、相手からきちんと見えるようにもって、名前などに指が重ならないようにしましょう。
両手で持つのがいいのですが、右手で持って、左手は名刺に添えるような形にしておきます。

そして、名刺を差し出すときには、相手の名刺よりも下にもって行きます。これは相手に対して謙虚だと言うことをアピールする事になります。名刺を出しながら、自分の自己紹介をします。会社名を言って、所属の課を言って、名前を言います。

名刺を受け取る

相手から名刺を受け取るときには、両手で受け取ります。
ただ、名刺の交換の時には、お互い同時に差し出す事がよくあります。そのようなときには、右手で自分の名刺を差し出しながら、左手で相手の名詞を受け取ります。左手で受け取ったら、すぐに両手で持つようにします。そして、受け取ってから、頂戴します。よろしくお願いしますなどと挨拶をします。

名刺を受け取ってすぐは

名刺を受け取ったら、名刺を見ます。そして、もし名前が読みにくいような漢字だったら、確認をするようにしましょう。

他にも、名前などを見て、なにか一言言うと場の空気も少しは和らぐと思います。例えば、いいお名前ですね。とか、自分の父と同じ名前ですとか、多少の冗談もいいかと思います。ですが、名刺を持っている手は胸あたりにしておくようにしましょう。

名刺をもらった後は

名刺をもらったらすぐにしまうのは止めましょう。そのまま立っている場合には、名刺入れの上にして持っているようにして、机などがあり、椅子などに座る場合には、名刺入れの上に置いて、机の上に置いておきます。

いつまで名刺を出しておくのかと言うことなのですが、これは、その場の雰囲気などによります。基本となるのは、相手の名前をちゃんと覚えるまでの間は出しておくという事なのですが、ほとんどの場合には、話が終わるころに名刺入れに入れるという事になります。

また、相手の出方を見て、相手が名刺をしまったら自分もしまうといいでしょう。

また、もし、名刺の交換をした人が複数いる場合には、すぐには名前を覚える事が出来ないと思います。ですので、相手の座っている順番に名刺も並べておけば、相手と名前を見比べる事ができます。

おすすめWEBサイト 5選


会社設立を代行してもらう



Last update:2019/3/13

Copyright c 2008 ラバラベ. All Rights Reserved.